一圓克彦の講演記録

2013年5月

2013.05.30  「0円で8割をリピーターにする集客術」
【617本目】東京都 青梅商工会議所さま主催 

こんにちは。リピート率10%改善で利益を30%アップ!

リピーター創出専門コンサルタントの一圓克彦(いちえんかつひこ)です。



本日は青梅。青梅街道の青梅です。

東京都心から移動すると2時間弱かかるし、、、混んでたらイヤだし、、、という事で、昨日から前泊。といっても、青梅のホテルはいっぱい(?)なので、2駅手前の河辺に。



河辺から2駅5分。

13時過ぎ。青梅駅に到着。

昨日より梅雨入りした関東地方、朝から雨が降っていましたがなんとか上がりました。いやぁ、緑が沢山あってイイトコロですね、青梅。

会場である商工会議所さんはここから歩いて5分程。

青梅街道です。

ここからとぼとぼと歩いて行くと新宿三丁目にたどり着くのか。。。と感慨ひとしお。放浪癖のある私としては、、、何日かかけて青梅から新宿まで歩いてみたいのですが、、、今回は断念。




午後から大雨の予報。にもかかわらず30名の経営者の皆さんにお集まり頂きました。リピーターの重要性やつくり方、関係維持の方法。<ノウハウ>と<事例>と<笑い>の120分。ニコニコして聞いて頂ける皆さまのお陰で、完全燃焼!

帰りにアンケートを見せて頂いたのですが、120分のセミナーにもかかわらず

・時間が短過ぎる

との声が多数。いやぁ嬉しいです。ホント嬉しいです。
楽しみながら学び、気付いて動いて頂く。コレをモットーにますます頑張ります!全国の皆さまに伝えてまいります!!!



青梅のビジネスにもっともっとリピーターを!




そんなこんなで、、、東京まで戻るのが面倒になった私は、、、再び河辺に宿泊するのでした(笑)

リピーターリピーター。



2013.05.24  『リピート率10%改善で利益を30%アップ』
【616本目】熊本県 熊日サービス開発さま主催 

こんにちは。リピート率10%改善で利益を30%アップ!

リピーター創出専門コンサルタントの一圓克彦(いちえんかつひこ)です。



本日は熊本日日新聞グループである熊日サービス開発さま主催のセミナーのため、熊本へ!

快晴の熊本。お昼は30℃超だとか。ひぇ。



本日は熊日サービス開発さんが主催されている会員制セミナーサービスの5月度開催という登壇機会を頂きまして。

駅までお迎えに来ていただき、会場となりの日航ホテルにチェックイン。荷物をおいてラウンジで少々お打合せをした後、会場へ。



会場には熊本を代表する名だたる企業様がお越しに。新聞社やラジオ等の報道系企業様から金融機関の皆さま、OA機器や自動車のディーラーさんまで。会場はまさに「熊本の中核」のような雰囲気。

とはいえ、マイペースなわたし(笑)

いつもの「笑って学んで」スタイルで突っ走る90分。



皆さんのノリが最高だったこともあり、私自身も最後まで楽しくお話しさせて頂く事ができました。また、終了後にはわざわざ控え室まで沢山の方がご挨拶に来てくださり、「あ、喜んで頂けたかな」とホッと一安心。




終了後は主催者さまにご案内頂き、熊本の郷土料理祭りをば。

「郷作 とく一。」さん。

霜降りの馬刺しから始まり

からし蓮根。


この時点でお酒が進む進む(笑)


また、珍しい

ローストビーフならぬ、ロースト「馬」。サッパリだけどコクがある。って言うんですかね。美味しい美味しい。

そして、熊本で〆といえば、、、

これ。


太平燕(タイピーエン)。あっさり春雨スープに五目炒めをドサッと乗せて、揚げ卵を乗っけた熊本ご当地グルメ。

ヘルシー。オイシー。

本当にご馳走様でした!



そんなこんなで、熊本グルメと次回オファーを頂き(有難うございます!)、大人しくホテルに帰ってきました(笑)。



熊本のビジネスにもっともっともっとリピーターを!!



2013.05.16  『不況打破への広報革命』セミナー
【615本目】愛知県 江南青年会議所さま主催 

こんにちは。

リピート率10%改善で利益を30%アップ!

リピーター創出専門コンサルタントの一圓克彦(いちえんかつひこ)です。



17時10分に1本目の講演を終え、17時21分の電車に飛び乗り一路江南へ。

名古屋駅を挟んで行ったり来たり(笑)



18時03分。名鉄江南駅到着。

いやぁ懐かしいです。3年前かな、に江南商工会議所さま主催のセミナーに登壇させて頂きいて以来。何となく駅前の雰囲気、覚えてます。この「何となく覚えていて、何となく懐かしい」感覚ってカイカンなんです、わたくし。




わざわざ改札までお迎えに来ていただき、会場へ。




一般社団法人 江南青年会議所さま5月例会にてお話しをさせて頂きました。

タイトルは『不況打破への広報革命』。まぁ私のお話しですので、リピーター戦略がメインテーマになります。リピーター作りのための広報とは?なぜリピーター作りが不況打破につながるのか?等々、19時から90分間たっぷりとお話しさせて頂きました。

皆様お仕事終わりでお疲れのところ、最後までしっかりと聞いてくださり、私もテンション上がりっぱなしの90分。最高の時間でした。




江南のビジネスにもっともっとリピーターを!!!




終了後、また駅までお見送り頂き(ホント有難うございます)20時51分の電車で名古屋へ。名古屋駅前の「樞(くるる)さん」で名古屋コーチン食べて24時過ぎ、ホテルに戻ったのでした。

いやぁ、実に慌ただしくも充実した1日でございました。


2013.05.16  『0円で8割をリピーターにする集客術』
【614本目】愛知県 東邦ガス様主催 

こんにちは。

リピート率10%改善で利益を30%アップ!

リピーター創出専門コンサルタントの一圓克彦(いちえんかつひこ)です。




本日は名古屋へ。
午前中は新宿のホテルにてせっせとお仕事。メルマガ書いたりメールのお返事したり。

11時にホテルをチェックアウトし、新幹線で名古屋へGO。



円安の影響でしょうか、外国人の方がわんさか。そんな新幹線。




名古屋には13時過ぎ着。いつも行く駅構内のお気に入りの喫茶店。ここで珈琲を飲んでから講演会場へ。JR(&地下鉄)千種駅前にあるメルパルクホールが本日の会場です。

本日は東邦ガス厨栄会さまの総会にて基調講演を行わせて頂きました。厨栄会さまというのは、中部地区の厨房機器メーカー様や販売会社様、その他厨房機器に携わる事業主の皆様から成る会。

ですから、皆様のビジネスに直接お役立て頂ける「リピーター戦略」と、皆様がお客様にそのままお伝えして頂くための「リピーター戦略」2本軸をいったり来たりしながらお話しさせて頂きました。




15時40分から17時10分までの90分間。全力投球でございます。





終了後、主催者様とのご挨拶もそこそこに、会場をあとに。
実は本日はダブルヘッダー。19時から江南市にて登壇させて頂く事になっているのでした。


千種駅を17時21分発のJRに乗って向かうのですが、講演が終了したのが17時10分。小走りで電車に駆け込み、セーフ!





なんともまぁ慌ただしい退出でしたが、その後講演のご丁寧な感想等頂きまして。有り難いです、本当に。

もっともっとリピーターを!!!


2013.05.15  『リピーター創出のメカニズムとは?』
【613本目】東京都 ミロク情報サービス様主催 

こんにちは。

リピート率10%改善で利益を30%アップ!

リピーター創出専門コンサルタントの一圓克彦(いちえんかつひこ)です。



本日はちょいと早起き。って程でもありませんが、、、

松山空港を9時30分発、ANA584便で羽田へ。
いやぁ、羽田便ってのはどこからでもジェットですな、ジェット。



いつものように、乗り込んだら離陸前に爆睡。そんな飛行機の旅。
着陸の振動で爽やかな目覚めです。




羽田空港でハンバーガーをかじった後、新宿へ移動。

本日は株式会社ミロク情報サービス様主催の『リピーター創出セミナー』でございます。

新宿センタービルからのナイスな眺め。なんだか吸い込まれそうです。
特に左下、歌舞伎町あたりに(笑)


本日はIT系企業さま、広告代理店さま、大手メーカーさま等、様々な業種のマーケティングご担当者さまにお集まり頂いてのセミナー開催。

30名定員のところ、60名を超える皆さんにお申込み頂いたとのことで、感謝感激でございます。




普段よりももっと『マクロな視点』で、リピーターの重要性や採るべき企業戦略のお話しをさせて頂きました。とはいえ、笑いの追求は貪欲に行わせていただきましたが・・・(笑)

終了後は、講演のご相談やコンサルティングのご相談を頂く等、有り難い事に沢山の方からご挨拶頂きました。「皆様ご満足いただけたかな?」と一安心。




徒歩数分のホテルにチェックインし、早速お礼のメールを出したりなんだかんだ。




一休みした後、四ツ谷に出動。
横須賀てるひささんの事務所へ。約1年ぶり、ご無沙汰しまくりです。


昨晩、メルマガへのご返信というカタチでご連絡頂きまして。そのご連絡に対して

「明日とかって時間無いですか?いきなりでスミマセン(笑)」

とお返事して、急遽のアポ、突撃訪問(笑)





いやぁ、人と人が面と向かって話すると、、、話がはやい。
秋口、そして来年早々にとあるプロジェクトを始動させましょ。なんて事で即決。

いいですねぇ、このスピード感。最高です。





その余韻を楽しむべく、四ツ谷の和食屋さんで二人「ほっけ」を突っつくのでした。