UNADJUSTEDNONRAW_thumb_c548

昨日、伊丹空港に到着し、

荷物を預けている最中に

 

「18時55分、新千歳行きは

 急遽整備が必要になり、

 場合によっては欠航の可能性があります」

 

ってアナウンスがあったんですよ。

 

 

えー!

って思いましたが、

まぁ、欠航になったらなったで

ネタになるから良いや。と(笑)

 

 

私が予約していたのはANAでしたが

19時10分のJALにも振替が可能です。

なんてご案内頂きましたが

(今ってそんな事できるんですね)

私はそのまま荷物を預けてラウンジへ。

 

 

ラウンジで本を読んでいたら

私の後方に座っている方々の

会話が聞こえて来ました。

 

 

「整備が必要になったって、、、

 怖いよねぇ。大丈夫かな、その飛行機」

と仰るその会話、

どうやら私と同じ便のようです。

 

 

ここで私、

ちょっと違和感。

 

ん?と。

 

 

どうしてだか解ります?

 

 

後ろで喋っている彼らからすると

 

・整備が必要になる飛行機ってのは

 壊れやすい飛行機だ→怖い

こんな感じ。

 

 

私からすると

・急遽点検って事は、

 整備士の方も気合い入れて点検しているハズ

 

・万が一も無いよう、

 アチコチ点検しているハズ

 

だから、通常点検だけ行っている便より

安全な機体に違いない。

って思うんですよね。

 

如何でしょうね?

 

 

 

まぁ、その他同じようなケースで言うなら

 

アイツは事業に失敗したから

今度も失敗する可能性が高い

→ 組まない、貸さない、相手にしない

 

なのか

 

アイツは事業に失敗して

相当な辛酸も舐めて来ただろう。

だから二度と失敗しないって気持ちが

他の連中よりも強いハズ。

 

失敗の経験ってのが

「失敗しない」ノウハウになるしね。

→ 一緒にやろうぜ!

 

なのか。

 

 

 

そんな事を

急遽、整備点検が必要になった飛行機から

連想したワケです。

 

 

整備点検が必要になった飛行機は危ない。

そんな思考してちゃ、

勿体無いですよ。ホントに。

 

 


2017/04/20

ビジネスモデル自己啓発

ビジネスモデル自己啓発はこちらの記事もおすすめ!