pixta_27491630_S良い

昨日は(珍しく)

講演主催企業さまと事前打合せ。

 

登壇させていただくのは

コチラのイベント。

http://clinicstation.jp/event/1888/

 

大手調剤薬局さま主催

「医師」の皆様向け講演会です。

 

 

自分が経験した事のない

業界の方に向けた講演会の場合

「カンドコロ」を教えて頂くため

事前のお打ち合わせを。

 

医療法人さまのお手伝いは

過去何件かおこなっておりますが、

さほど詳しい業界ではありません。

 

 

なので、

医師の皆さんが今

何に興味を持たれていて

どこに不安を感じていらっしゃるのか。

 

これを教えて頂くワケです。

 

 

1時間ほどの打合せでしたが

非常に勉強になりました。

「カンドコロ」

見えました。

 

 

で、私の中でテーマが決まりました。

 

良い医療サービスではなく

善い医療サービスを通じて

ファンを増やす。

 

これだな。と。

 

 

 

ある種、医師の皆さんは

職人さんなワケです。

医師になる前も、なった後も

日々猛勉強されて

 

知識や技術に磨きをかけ続けて

いらっしゃる。

 

この過程で身につけられた

高等な医療サービスを提供する。

ってのが「良い医療サービス」

 

 

じゃあ「善い医療サービス」って?

 

 

それは

「良いサービス」を提供しても

得ることができない

 

「アナタにお願いして良かった」

という感情を得る事ができる

そんなサービスの事。

 

 

私の「顧客満足」に関するセミナー等

ご受講頂いた方には

「あぁ、アレね」

と閃いて頂けたと思いますが

 

お客様の「ウィッシュ」に共感せよ。

というアレです。

 

 

セミナーでは、

メガネ屋さんの例でお話しすることが

多いのですが

 

お客様は「メガネ」を買いに

来られているのではない。

これを理解しましょう。

 

なんてお伝えしています。

 

 

メガネという商品そのもの

これが欲しくて

メガネ屋に来店されるのではなく

 

・オシャレになってモテたい

・ストレスなく板書をノートに写して
しっかり勉強して志望校に合格したい

・サイズ感ぴったりのズレないメガネで
思いっきりテニスを楽しみたい

 

なんていう

メガネを買ったその先。

ってのがありますよ。と。

 

 

ここまで話題が共有できた時、

お客様は

この人に相談できてよかった。

 

という感情になるんです。という感じです。

(ざっくり言うと)

 

 

 

という事は、

 

これを医院に置き換えれば良いわけです。

 

痛みをとるのが目的ではなく、、、

かゆみをとるのが目的ではなく、、、

その先。

 

ここに意識を向けましょう。

と。

 

 

医師の皆様のような

技術職の方は、ついつい技術レベルを

小売や製造業の方は

ついつい商品の品質を

 

ここのみを追求しがちなのですが、

(もちろんコレも大切ですが)

 

それだけでは

「善いサービス」が提供できません。

 

 

さぁ、アナタはどうでしょう?

「良い商品」「良いサービス」

 

これに加え

「善い商品」「善いサービス」

 

ここに意識、

しっかり向いていますか?

 

 

 

【糖質制限日記 38日目】

 

<朝食>
・ゆでたまご1個
・カマンベールチーズ1片

 

<昼食>
・グリーンサラダ
・焼き鳥(塩・缶詰)

 

<夕食>
・グリーンサラダ
・さんま塩焼き(缶詰)

 

<その他>
・プロテイン1杯
・水2l


2017/05/11

リピーター・ファンづくり講師のお仕事

リピーター・ファンづくり講師のお仕事はこちらの記事もおすすめ!