pixta_22339101_S体重計

相変わらず、

トレーニングの翌日は

トレーニング絡みのネタで(笑)

 

昨日トレーナーに言われたんですよね。

 

そろそろ、

糖質を超!カット!から

ややカットに落としていきましょうか。

 

と。

 

 

ご存知のとおり、

糖質など1gも要らん!という

(まぁ、実際には無理ですが)

食生活を1ヶ月半続けてきました。

 

おかげで、

1ヶ月半で体重は13kg減。

体脂肪率も8%ほど減。

 

この1ヶ月半は

「思いっきり脂肪を燃焼させて

 一気に痩せる」

という位置づけの期間。

 

だったんですよね。

 

 

しかし、ここがゴールじゃないワケです。

 

先ずは痩せて、その先

リバウンドし難い身体を作っていく。

で、いつまでも健康で元気に。

ってのがゴール。

 

 

という事で、

 

一気に痩せた後は、

体重の減少スピードをゆるやかにして

筋力をアップさせていきましょう。

 

そんな第2段階に突入したわけです。

 

 

実は

筋肉をつけるためには

「糖質」が必要なワケですよ。

 

糖質というか、

糖質を摂取した時に分泌される

インスリンの活性化。ですね。

 

 

なんと今までは

 

糖質を超絶カットして

インスリンが分泌されない状況で

せっせと筋肉もつける

(涙ぐましい)努力をしておったと。

 

 

ここから反転攻勢!(?)

 

体重減には重きをおかず、

糖質(インスリン)によって

筋肉を増やすぞ。

 

なんて感じ。

 

 

 

んー、

なんて言うんでしょうかね。

 

 

傾きかけた会社があって、

先ずはコスト削減やら

事業リストラやらに取り組み

 

ようやく、危険水域から

脱する事ができました。と。

 

そして

 

よし、ここだ!

というタイミングで

 

人材登用や、設備投資に踏み切り

再び成長軌道に乗せにいく

 

 

という感じでしょうか。

 

 

でも当事者が

このタイミングをはかるのって

難しいんですよね。

 

 

糖質制限を徹底的にやって

体重がドンドン落ちてきた。

まだ、、、

もっと、、、イケるはず。

 

コスト削減や、事業リストラで

黒字が見えてきた。

まだ、、、

もっと、、、イケるはず。

 

当事者は、

こう考えちゃいますから。

 

 

で、結果的に

健康を害したり

再成長軌道に乗れなかったり。

 

 

だから、パートナーが必要なんですよ。

トレーニングにも、経営にも。

 

 

トレーニングを続けながら

削るべき部分を削り

ココだ!というタイミングで再投資。

 

そんな「カンドコロ」を

身をもって体験したパートナー

心強いですよ。ホント。

 

「削る」事に味をしめても

その先にハッピーは待っていませんからね。

 

 

 

【超!糖質制限日記 46日目】

 

<朝食>
・ほうれん草やブロッコリー炒め
・スクランブルエッグ
thumb_IMG_5562_1024

 

<昼食>
・牛カイノミステーキ300g
thumb_IMG_5565_1024
・サラダ

 

<夕食>
・RIZAP惣菜セット
(酢豚、ブロッコリー炒め、鶏そぼろ
エビグラタン)
・あたりめ
・ハイボール2杯

 

<その他>
・水2リットル

 

 


2017/05/19

コンサルティングのお仕事経営

コンサルティングのお仕事経営はこちらの記事もおすすめ!