pixta_16775948_Sお願い

昨日、セミナーの打ち上げ会場で

中司氏がエラく憤慨しておりましてね。

 

理由を聞きますと

 

お昼のセミナーで、

20分以上遅れて来るわ、

 

着席したと思ったら

明らかに聞く気がない態度で

スマホをいじりだした人がいた。

 

と。

 

 

で、一言

「聞いて下さいね」

と促したら

 

その人はムッとした顔で席を立って出ていった。

(そしてそのまま帰った)

と。

 

 

まぁ、私もアチコチで

セミナーやら講演しますのでね、

たまーに遭遇します。

 

明らかに聞く気が無いのみならず、

とてつもなく態度が悪い人。

 

 

 

私が過去経験した中で、

一番ショッキングだった受講生の方

 

 

ある夏の日です。

たぶん主催者に無理やり動員をかけられたのでしょう。

 

遅れて会場に入ってきて

「仕方ないから涼みにきたわ」

って言うんですよ。いきなり。

 

で、席について

いきなり爆睡。

 

さすがに怒りがこみ上げてきましたが、

その他大勢、受講生の皆様が

「怒っちゃダメよ!」

って目でコチラを見てくれたので

 

惨事に至る事はありませんでしたが(笑)

 

 

 

 

つまり、このような人達に共通する事は

「呼ばれて仕方なく来た」

という事なんですよ。

人数あわせに動員された。

的な。

 

 

これね、

誰もハッピーにならんのですよね。

 

 

無理やり動員された人って

そらぁ、そうなりますよ。

気持ちはわかります。

 

でもまぁ、講師も人間ですからね。

聞く気が無いなら来るなよ。

ってなる気持ちもわかります。

 

 

 

まぁ、集客目標を課せられた

スタッフは、目標達成できるかも

しれませんが(笑)

 

 

講師は気分が悪い。

気分が悪い講師の話なんて

満足度が高いワケがない。

 

場、全体のクオリティ

場、全体の満足度

驚くほど低下。

 

なんて具合に。

まさに負の連鎖

 

 

って事で、

セミナーに限らずですね

「お願い集客」「お願い営業」

って、誰も得しないんですよ。

 

 

集客数や売上のような

「目先の数字」ってのが

ゴールじゃないですからね。

 

本当のゴールはその先。

ね。

 


2017/09/28

仕事術経営講師のお仕事

仕事術経営講師のお仕事はこちらの記事もおすすめ!