Model Show Reload Undo Refresh Again Arrow Sign

昨晩は、

スモールサンゼミ高松さま

にて、登壇機会を頂きました。

 

スモールサン(Small Sun)とは

立教大学 山口義行名誉教授が立ち上げた

 

中小企業経営者による

中小企業経営者のための

学習&実践組織。

 

スモールサン公式ページ
http://www.smallsun.jp/

 

 

北は札幌から南は沖縄まで。

全国20箇所で

スモールサンゼミを組織し、

 

その地域の経営者の皆様が

ともに学び、ともに実践されている。

そんな素晴らしいコミュニティです。

 

 

 

その全国20のゼミのうち、

ここ数年で18ゼミに登壇機会を

頂いておりまして。

 

同ゼミで3回、4回登壇という事も

ありますので

 

通算、40回くらいでしょうか。

本当に有り難いお話しです。

 

 

 

何を隠そう、

私はリピート作りの専門家ですので

(あ、知ってました?)

 

講演のリピートオーダーが入る、

そんな仕組みも

しっかりと持っているワケです。

(あ、言っちゃった。。。)

 

 

 

あ、アレですよ。

 

 

出し惜しみして、

「もっと聞きたい!」ってのを

作るって作戦じゃないですよ。

 

それ、逆効果ですから。

 

 

「いやぁ、良かった」

と素晴らしい講演をする

ってのもダメです。

 

人は、良いことも悪いことも

スグ忘れる生き物ですから。

 

 

 

じゃあ、

ビジネス系セミナーや講演の

リピートを獲得するにはどうすれば良いのか。

 

 

 

それはですね、

 

 

「スグ実践できる」ノウハウを

「スグ実践できる」くらい細かく

お伝えして

 

「スグ実践したい!」という

感情になって頂き

 

「スグ実践できない」言い訳を潰し

「スグ実践せざるを得ない」状況でお帰り頂く。

 

コレです。コレ。

 

 

するとね、

学んだ事や、聴講しながら閃いた事

実践していただけるじゃないですか。

 

で、実践すれば

結果が出るわけですよ。

 

結果が出れば、

次、もっと聞きたい!

と思っていただけるワケです。

 

 

なんとなくご理解頂けました?

 

 

 

単なる出し惜しみで

「もっと聞きたい」という

欠乏感を出す。

 

素晴らしい感動的なお話で

「また聞きたい」という

余韻を残す。

 

 

ようは

(他業種にも当てはまります)

 

コンプリートするには

次も買わなきゃダメですよ。

なんていう欠乏感商法

 

モノが良ければ

リピートするでしょ。

というクオリティ至上主義じゃ

 

リピートしないんですよ。

どんな商売も。

って事です。

 

 

 

商品を使うメリットを

自己投影しやすい表現で

できるだけ細かく

(飽きられない工夫をしながら)

お伝えし

 

使って頂いて、

効果を実感して頂く。

 

 

コレです。

リピートが欲しいなら。

 

 

これが、

顧客リピート戦略の主軸です。

 

 

この軸を

アナタのビジネスの

「どこ」に「どう」組み込むのが

最も効果的か、効率的か。

 

これこそが

ビジネスモデルの設計。

是非、お試し下さい。

 

 

 

 

飲食店の場合は?

製造業の場合は?

小売業の場合は?

システム開発業の場合は?

コンサルタントの場合は?

 

私が22年間やってきた

リピート軸の設計方法。

 

 

以下、ご案内しているセミナーでは

もちろん全てお話しさせて頂きます。

 

 

アナタのビジネスにも

ぜひ「顧客リピート軸」を

埋め込んでみませんか?

 

 

____________________

【ビジネスモデル大全2017】

自ら14社を経営し、
1,000億円を売り上げてきた一圓の<やり方>とは。

 

<大阪会場>

2017年10月18日(水)@新大阪 ※残席19

<東京会場>

2017年10月19日(木)@品川 ※残席14

時間はともに

13:30~16:30(13:15開場)

 

受講料:15,000円(税込)

※銀行振込にてお願い致します

定員:大阪・東京とも20名

 

■詳細・お申込み

http://ichienkatsuhiko.com/seminar/article/1840

____________________

 

会場でお会い出来ます事、

心より楽しみにしております!


2017/10/03

ビジネスモデルリピーター・ファンづくり経営

ビジネスモデルリピーター・ファンづくり経営はこちらの記事もおすすめ!