thumb_IMG_7462_1024

昨晩、

久々に「旅館」に宿泊しました。

 

普段は99.9%ホテルなんですが

旅館、久々にいいかも。

なんて思いまして。

 

 

こういう書き方するとアレですが

・Wi-Fiもない
・自動販売機もない
・アメニティは歯ブラシのみ
・共同浴場、共同トイレ
・21時をまわると帳場に誰もいない

 

そんな環境。

 

 

普段、

Wi-Fiはあって当たり前。

 

自動販売機どころか

ルームサービスで好きなものを

好きな時間に食べたり飲んだりできる

 

アメニティや設備は

何不自由なく揃っている

 

そんなホテルで生活している人間としては

一瞬、不便だなぁって思います。正直。

 

 

でもね

 

(また変な言い方になりますが)

何もすることが無い

からこそ、

 

急須でお茶を入れて

(昨晩は結構な雨が振っていましたので)

雨音に思いを馳せてみたり

 

畳の部屋で

ぼーっと自分を見つめ直してみたり

 

そんな時間を過ごすことが

出来たんですよね。

 

 

結果、大満足の夜でした。

 

 

いやぁ、

昔ながらの旅館。

たまにはいいなぁ。なんて。

 

 

今の時代

(どんな業種でも)

アレもできます。コレもあります。

 

なんて、延々続く「足し算」の競争が

続いているじゃないですか。

 

こんな時代だからこそ

アレも無い、コレも無いなんて

「引き算」の戦略。

有効だなぁなんて改めて感じました。

 

 

大げさに言うならば

物質的豊かさの追求ではなく、

人間としての精神的豊かさを求める。

そんな戦略。

 

 

これを実現するには

「引き算」

コレですよ。やっぱり。

 

 

 

今回の(私の)旅館体験のように

最初は

「えー!マジすか!」

なんて思われるかもしれません。

 

でも、きっと

「足し算」の世界で生きている人にとって

「引き算」の世界で体験できること。

 

何かを取り戻してもらう。

そんな経験ができると思うんですよね。

 

 

さぁ、アナタのビジネス。

なにか「引き算」の戦略で

精神的な豊かさを味わってもらう事

できませんかね?

 

ぜひご一考下さい♪

 

 

【最後に告知】

 

上述の

「足し算」「引き算」の使い分け

私も様々な業種で

実践してきました。

 

「引き算」の戦略がハマると、

低コスト、高付加価値(高単価)の

ビジネスが実装できるんですよね。

 

これぞ、逆転の発想。

 

 

このような、

低コスト、高付加価値(高単価)の

ビジネスを生み出した秘訣。

 

実際の体験を元に、

しっかりとお伝えさせて頂きます。

 

ぜひ、新しい視点を取り入れるためにも

以下のセミナーをオススメしております。

 

 

____________________

【ビジネスモデル大全2017】

自ら14社を経営し、

1,000億円を売り上げてきた一圓の<やり方>とは。

 

<大阪会場>

2017年10月18日(水)@新大阪 ※残席17

<東京会場>

2017年10月19日(木)@品川 ※残席12

時間はともに

13:30~16:30(13:15開場)

 

受講料:15,000円(税込)

※銀行振込にてお願い致します

 

定員:大阪・東京とも20名

 

■詳細・お申込み

http://ichienkatsuhiko.com/seminar/article/1840

 

____________________

 

会場でお会い出来ます事、

心より楽しみにしております!

 

 


2017/10/07

ビジネスモデル経営

ビジネスモデル経営はこちらの記事もおすすめ!