feet athlete speed skater

昨日、帯広駅に降り立って

真っ先に目に飛び込んできたのが

高木美帆選手のでっかいパネル。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_5dce

「銀メダルおめでとう!」的な。

 

帯広市の隣町、幕別町が

髙木選手の出身地だそうで。

 

道内のワイドショーでも

髙木選手、高梨選手の話題でもちきり。

あ、原選手ももちろん。

 

 

 

そんな番組を見て、

ちょっと違和感というか、なんというか。

 

MCやコメンテーターの皆さん、

素晴らしい!素晴らしい!の大合唱。

で、流れる映像は

髙木選手の涙のシーン。

 

 

 

8年越しでオリンピックに再出場し、

銀メダルを勝ち取った!

その喜びと

 

0.2秒差で「金」ではなく「銀」だった

その悔しさで涙するシーン。

 

 

 

凡人の私には

到底想像もつかない努力を積んで

凡人の私には到底想像もつかない

オリンピックという舞台に立つ。

 

そんな選手の胸中、私には全く想像もできません。

 

でも、

髙木選手の涙は「後者」なんじゃないかな。

なんて思ったんですよ。映像を見て。

 

 

 

オリンピックに出られればいいや。

表彰台に登れたらラッキー。

なんて思ってる選手、いないと思うんですよね。

 

「金」を目指していると思うんですよ。

(あくまで私の想像の範疇です)

 

 

その結果、

<残念ながら>銀メダルでした。

<残念ながら>6位でした。

これがあって、

 

その次に

でも「銀」もスゴイ事ですよ。

でもオリンピックに出場できたってのは

スゴイ事ですよ。

って続くなら分かるんですけどね。

 

 

 

なんだか、

「金」を目指して死ぬほど努力してきた

って事実がすっぽり抜けて

いやぁ素晴らしい素晴らしいの大合唱。

 

 

んー。

って思っちゃったんですよ。

 

 

 

 

 

この感じ、

ビジネスの現場でもよく見るんです。

 

ま、頑張ったんだから良いよね。

ま、やる事に意義があるんだよ。

なんて、ヌルい感じ。

 

「世間の声」と呼ばれる上辺の賞賛に

安息を求める思考。的な。

 

 

 

経営者ってのは、

このヌルい感じに絶対染まっちゃダメ

だと思うんですよ、私。

 

メダルで言うトコロの「金」を狙って

必死に努力しての結果ならまだしも

 

ちょろっと努力っぽい事をして

ま、仕方ない。から始まり無理やり理屈を捏ねて

「○○だから良かった」

なんて強引に着地させる思考。

 

イカンでしょ。これは。

 

 

 

「銀」でも良かった。

って言えるのは、

 

「金」が獲れなくて人目をはばからず

涙してしまうほど悔しい思いをした人。

だからですよ。

 

 

 

なんて書いてて、

背筋が伸びる私なのですが(笑)

 

 

 

 

ま、総じて言うなら

甘く優しい着地点に思考を落ち着けず

悔し涙を流すほどやり切りましょうよ。

って事ですね。

 

強烈な自戒を込めて。。。

 

 

 

 

と、まぁこんな私ではありますが

 

ビジネスでの「負け戦」を経て過去

悔し涙したこともあれば、

消えて無くなろうなんて

良からぬ事を考えた事もあります。

 

 

そんな(大)失敗の赤裸々な体験談と

そこから学んだ

「勝つ(確率を上げる)方法」

 

これをお伝えするのが、

先日よりご案内しております

以下のセミナーです。

 

【お申込み締切は2月20日の23時】

 

会場でお会い出来ます事、

楽しみにしております!!

 

 

 

<セミナー情報>

アナタのビジネスを

「効率よい高収益」に変貌させる

【3×3×3経営戦略】実践実装セミナー

 

<場所・日時>

大阪会場@新大阪 (残2)

2018年3月1日(木)14:30−17:30

東京会場@品川 (残11)

2018年3月2日(金)14:30−17:30

 

<定員> 各会場15名

 

<受講料> 15,000円(税込)

 

詳細&お申込みはコチラを御覧ください

http://ichienkatsuhiko.com/seminar/article/2178

 

 

 


2018/02/14

コンサルティングのお仕事経営自己啓発

コンサルティングのお仕事経営自己啓発はこちらの記事もおすすめ!