Bar Code Electronic Label Laser Logistics Scanner Concept

今週月曜日から

昨日(水曜日)までの3日間で

【14本】の講演依頼を頂戴致しました。

 

本当に有り難いお話で。

感謝カンゲキでございます。

 

 

ご期待にお応えできますよう、

ますます精進いたします!

 

 

 

で、気付いたんですよね。

 

んー、今年の

【お仕事の入り方】

ココ数年とちょっと違うぞ。と。

 

 

コレに伴って

ちょいと動き方を変えたほうが良いかも。

なんて思案をしとります。

 

 

 

実は、本格的に講師活動を始めた

2011年から、管理シートなるものを

作っておりましてね。

 

 

そこには

日時や場所

主催者さまやご紹介者さま名

講師料や交通費に至るまで

ありとあらゆる情報が列記されています。

 

 

で、

その中の1つに

「オファー日」

って項目があるんですよ。

 

ようは、

HP経由やお電話で

講演依頼のお問い合わせを頂いた

一番最初の日。

 

 

 

過去のデータを見ると

講演開催日の2〜3ヶ月前に

オファーがある事が多かったんですが

 

今年は

6〜8ヶ月前のオファーが急増。

 

全体のオファー数からいえば、

2〜3割くらいですが

去年までとは比べ物にならない位の数。

 

 

 

という事で、

例年はGW明けくらいから

秋冬のプロモーションを準備し始めて

おりましたがね、

それじゃ遅いよ。って事になりまして。

 

2ヶ月くらい前倒しをして

急ぎ準備を進めております。

 

 

 

 

と、まぁ私の内情の事はさておき

 

 

 

 

アナタはどうでしょ?

お客様から初回のオファーがあった日

しっかりと記録してあります?

 

仕事(のキッカケ)が

どのタイミングで入ってきているのか。

 

この情報って

全戦略の立案スタート地点

なりますからね。ホント重要。

 

 

受注日じゃないですよ。

初回オファー(問い合わせ)日。

 

 

 

しっかり記録してみてください。

打ち手とタイミングが、ハッキリと見えてきます。

 


2018/04/12

仕事術経営講師のお仕事

仕事術経営講師のお仕事はこちらの記事もおすすめ!