pixta_39746985_S城門

昨日、

お打ち合わせ、というか

初顔合わせの機会をいただきました

R社さま。

 

いやぁ、楽しかった。

(ご足労有難うございました!)

 

そして、今後のパートナーシップが

本当に楽しみです!!!

 

 

 

じつは

全く面識のないR社の役員の方から

数日前、突然フェイスブックで

ご連絡を頂戴したんですよ。

 

こういう事やってるんですけど

一度お時間をいただけませんか?と。

(あ、もちろん
もっと丁寧なご連絡ですよ。)

 

 

で、じゃあ来週どうでしょ?

なんて事で、昨日のアポとなりまして。

 

 

 

こんな感じで時折

フェイスブックや
ホームページや
ブログから

突然ご連絡をいただく事がありますが

 

スケジュールが許す限り

基本、皆さんとお会いしたい!

と、私は考えておりまして。

 

 

 

そんな事言うと

「変な人が来たらどうするの?」

なんて心配されるんですが、、、

 

別にいいじゃないですか。

変な人が来たって(笑)

 

 

 

怪しい商品の案内

怪しい投資のお誘い

怪しいコミュニティへの勧誘

たまーにあります。

ホント、極稀に。

 

でも、断ればいいじゃないですか。

 

 

連絡が来た時点で

「怪しい」のが確信できればその時。

会って話を聞いて

「怪しい」と思えばその場で。

 

Noと言えない日本人

じゃないですが、

この「断る」という行為が面倒だから

 

そんな理由で

あらゆる来訪者を

外堀でシャットアウトしちゃうって、、、

ホントに勿体無いですよ。

 

 

 

お会いして

直接的な取引に発展しなくても

知識や情報の引き出しになりますし

 

万が一、仮に

「やられたー」って事態になっても

それは真偽を見極める

目を養う経験値になりますし。

 

 

 

昨日初めてお会いしたR社さんのように

今後の可能性をぐっと手繰り寄せる

素晴らしい機会を得られる事だって

少なくありませんし。

 

「断る」行為を面倒くさがって

門戸を閉ざしてしまうっての

本当に勿体無いです。

 

 

そう思いながらも

せかせかと動いているこの頃。

 

もっともっと

心と時間に余裕を。

なんて改めて思った次第です。

 

 


2018/05/26

仕事術経営

仕事術経営はこちらの記事もおすすめ!