Close up of blue macaw grabing on timer; blue and gold parrot with copy space

昨日は3時間セミナーを2本。

 

「0円で8割をリピーターにする集客術」

「ニーズの2歩先でファン顧客を3倍にする方法」

それぞれ1本ずつ3時間バージョンで。

 

いやぁ、喋った喋った。

(で、今日も3時間×2本喋りまくってきましたw)

 

 

 

普段、90分や120分でやっている

このテーマのセミナー。

今回は180分特大(?)バージョン。

 

120分バージョンでは

なかなかお伝えできない事例も含め

これでもか!

って程お伝えしたんですが、、、

 

まだ物足らない(笑)

 

あと2時間でも3時間でも

喋り続けたかったなぁ。なんて。

 

 

 

(やるかどうかは別として)

いつも講演やセミナーで

お話している内容ってのは

5時間でも10時間でも

喋り続ける事ができます。多分。

 

 

ってのも

 

理論や事例等を毎回

ちょこちょことアップデートしているから。

 

講演が終わるたびに

その日の講演を振り返って

 

あの理論よりも、最近考えた

コッチの切り口の理論の方がいいかも

 

あの事例よりも

この間クライアントで実施した

アッチの事例の方が刺さるかも

 

なんてモゾモゾ考えてるんですよ。

 

で、次の登壇時に

それらをチェンジしてお伝えする。

 

 

 

だから、

1年前はお伝えしていたけど

現在は(時間の都合で)お伝えしていない内容

なんてのがゴロゴロ。

 

ってなわけで、

それらを引っ張り出してくれば

5時間でも10時間でも

いくらでも話し続けられる

 

って事です。

 

 

 

そらぁね、

毎回同じシナリオに沿って

同じ内容をお話しする方が

熟練度も上がるし

なにせ、精神的に楽ちんですよ。

 

でも、

それじゃあ引き出しが増えないし

「深さ」も出てこないワケですよ。

 

 

 

毎回毎回バージョンアップ!

 

 

 

さぁ、あなたが使っている

・営業トーク
・営業ツール

1年前と同じって事ありませんか???

 

 

常にバージョンアップを!

常に自分で自身を陳腐化させよ!

ですね。

 

 


2018/06/06

スキル仕事術講師のお仕事

スキル仕事術講師のお仕事はこちらの記事もおすすめ!