OLYMPUS DIGITAL CAMERA

昨日は

広島県福山市の某社さま主催

講演会に登壇させて頂きました。

 

主催企業の社長さまが

半年前にご参加頂いた講演会で

私のお話を聞いてくださり

今回の講演会開催に至りました。

 

で、その半年前の講演会は

さらに半年前に開催された講演会に

ご参加くださった方に主催頂いたもの。

 

 

その講演会は、、、

なんて具合に

 

講演会にご参加くださった方が

別の講演会を主催してくださる。

この連鎖が「ずっと」続いております。

いやぁ、ホントに有り難い限り。

 

 

 

雑な計算式で言うなら

1→2→4→8→16→32

みたいな感じで

講演のご依頼が増えてきた感じです。

この8年で。

 

 

これ、狙って作っています。

検討に検討を重ね。

 

 

 

あ、アレですよ。

 

(自画自賛で恥ずかしいですが)

「講演が役に立っている」

「受講者さまの満足度が高い」

ってのは

 

必要条件ではありますが、

十分条件じゃない。

って事に留意しなきゃダメで。

 

 

素晴らしいセミナーや講演をする人

世の中にゴマンといらっしゃいますから。

そこで自惚れちゃイカン(笑)

 

 

 

その他に、

・主催さまが講師選定をする際
真っ先に思い出してもらえる仕掛け

・講師選考の候補数名で競った時、
選ばれる仕掛け

・「ウチの会でもお願いしたい」と
思って頂く仕掛け

・「ウチの会でもお願いしたい」と
思ってスグに依頼を頂戴する仕掛け

 

等々

 

今、思いつくだけでも

20くらいの「細かな作戦」

ひっそりと動いてるんですよ。実は。

 

 

講師業を始めた直後、

数年かけてこの仕組みを

えっちらおっちら

そらもう、必死で作りました。

 

だから

本当に有り難いことに

 

本日現在

2019年も既に40本以上の

講演登壇が決定している状態が

作れているワケです。

 

あの2年ほどの

「仕組みづくりの期間」

これが今を作ってくれています。

 

 

 

超いやらしい話をすると、

 

ボケーッとしてるだけで、

次から次から

講演のお仕事を頂くことができ、

 

そこから始まる

コンサルティングや、その他サービスの

お問合せに繋がり、ご縁となる。

 

ようは、営業など一切しなくとも

お仕事がグルグル上昇気流を描いて

進んでいる状態。

 

 

 

これが

私がいつもお話しする

「ザルをバケツに変えてから

 営業を開始する重要性と結果」

ってヤツです。

 

 

商品やサービスのリピート

紹介の連鎖

顧客逓増のエスカレーター

等の「仕組み(バケツ)」を作ってから

営業しましょうね。

 

ってアレ。

 

 

 

ザルをバケツにすると、

ある時期を境に

上記の様な状態になります。

どんな業態の企業でも。

 

 

もし、アナタのビジネスが

開始から5年を

経過しているにもかかわらず

 

未だ営業活動をしなければ

お仕事が入ってこない!

という状態だとしたら、、、

 

多分、

まだバケツになってないですよ。

 

 

 

さぁ、

考えて考えて

頭から湯気どころか

何も出なくなるまで考えて

「仕組み」を作っていきましょ。

 

 

 

<目指せ1,000時間!>
英語学習メーター

昨日の学習タイム:1H

QQオンライン(Basic):25分
QQオンライン(Callan):25分
テキスト復習:30分

※30分単位にて切り捨て

累計:48H

 

 

 


2018/11/23

コンサルティングのお仕事ビジネスモデルリピーター・ファンづくり経営講師のお仕事

コンサルティングのお仕事ビジネスモデルリピーター・ファンづくり経営講師のお仕事はこちらの記事もおすすめ!