Business still life concept with office stuff on wooden table

昨日は

Lect Lab Academy(LLA)の

講座生さんの特典!として付いてくる

 

「一圓とのジョイントセミナー権」

を活用して頂き

ダーチーとのジョイントセミナーを開催。

 

 

って事で、

主催はダーチー。一圓は脇役です(笑)

 

 

ダーチーが

「目標設定&達成の技術」

ってセミナーやるって言うんで

 

私は

「0円で8割をリピーターにする集客術」

ってセミナーを。

 

 

 

ジョイントセミナーやる時に

気をつけてる事がありましてね。

 

 

それは、

相手が

「OS」の話をするのか

「アプリ」の話をするのか

 

これをしっかり事前に聞いて

相手が「OS」の話をするなら

私は「アプリ」の話。

 

相手が「アプリ」の話をするなら

私は「OS」の話。

そんな組み合わせのセミナーになるよう

構成を練る。って事です。

 

 

今回の例で言うと

ダーチーが話す

「目標設定&達成の技術」ってのは

 

ビジネスから学習からダイエットまで

何にでも応用可能な

「OS(オペレーティング・システム)」

の話。

 

だから私は

ビジネスにおける

顧客リピート逓増を実現するための方法

って「アプリ」の話。

 

 

 

順番も、私が先。

 

私が先に

「顧客リピート逓増ノウハウ」という

アプリの話をした後

ダーチーが出てきて

 

「さっき一圓が話した

 顧客リピート逓増のノウハウを

 日常に流される事なく

 実現していくための手法」

お伝えする。なんて流れ。

 

 

 

この構成にすると、

まさに

「あとはやるだけ」

状態になりますからね。

 

受講者さんの満足度も上がるし、

「あのセミナーのあと、

 ○○をやって××になりました!」

なんてご感想を頂ける確率が

跳ね上がります。

 

 

 

まぁ、ジョイントセミナーに限らず

 

一人でセミナーやる時も

この構成にすると抜群の結果になる確率

かなり高まります。

 

 

まぁでも、

2時間くらいのセミナーじゃ

難しいんですよ。

この「アプリ」と「OS」のセット。

 

 

 

んじゃあ、どうするか。

 

 

 

分けちゃえばいいんです。

第1回が「アプリ」

第2回が「OS」

ってな具合に。

 

するとね、

リピート率がグンと上がる(笑)

 

 

 

 

まぁ、

これはセミナーに限った話じゃなく

どんな商売でも同じですよ。

 

 

モノやサービスという「アプリ」

提供した後、

使い方等のHowToをレクチャーする

「OS」を提供する。

 

なんて具合にすると、

アナタのビジネス

リピート体質に変化していきます。

 

 

年賀状作成ソフトを販売

記憶に残る年賀状を

手間を掛けずにサクッと作る講座

上記を作成するための

特殊用紙やプリンターの販売

上記ツールを活用した

ライバルに差をつけるお礼状等

マナー&しきたり講座

会員制、銘品手土産の購買サイト

・・・・

 

なんて具合に。

 

 

「アプリ」と「OS」のクロス作戦。

ぜひ、お試しあれ。

 

 

 

<目指せ1,000時間!>
英語学習メーター

昨日の学習タイム:0.5H

金のフレーズ復習:40分

※30分単位にて切り捨て

累計:49.5H

 

 


2018/11/27

ビジネスモデルリピーター・ファンづくり経営講師のお仕事

ビジネスモデルリピーター・ファンづくり経営講師のお仕事はこちらの記事もおすすめ!