Gymnastic bridge on white isolated background

実は私、

その昔コンサルタントという職業の方が

好きではありませんでした(笑)

 

それが今

コンサルタントになってるなんて。

不思議なもんです。

 

まぁ、

昔(20代)の私が

コンサルタントを好きじゃなかった理由

ってのは

 

業界の専門知識もない

机上の空論を語る

職業だと思いこんでいたから。

 

 

 

でも、そんな私に

尊敬する先輩が言うんですよ

「チェックのためにも

一度コンサルタントに意見を貰え」

って。

 

 

渋々コンサルタントにお願いしました。

販促と人事労務

それぞれお一人ずつ。

 

まぁ、今思えば

態度が悪かったと思います。私。

お前らに何がわかんねん。

みたいな感じで。。。

 

 

で、どんな凄いアイディアを

持ってくるのかと思っていたら

もう、既に社内で実装している

システムの事ばかり話すんですよ。

 

だから、1回で

断っちゃったんです。

コンサルタント。

 

 

 

で、そこからしばらく

前にもましてコンサルタントが

嫌いな生活を送っておりました(笑)

 

 

__________________

■ 文章を読むのが面倒な方、動画でどうぞ ■

売上アップにウルトラCなどない。

__________________

 

 

それから数年。

 

また、尊敬する先輩に

半ば強引に引き合わされたんです。

コンサルタントに。

 

ちぇっ、またかよ。

なんて思ってお会いしたら

 

また、そのコンサルタントは

自社で既に導入しているシステムを

活用云々って言い出したんです。

 

 

おいおいおい

またこのパターンかよ

と思っていた私に

そのコンサルタントは言いました。

 

 

コンサルタントの仕事は

「知っているけどやっていない」

に色付けをして

実行してもらうために存在します。

 

世に無いアイディアを

持ってくるのが仕事ではありません。

と。

 

 

 

ここから、

コンサルタントに対する意識が

ガラリと変わりました。

 

私は、

まだ見たことも聞いたこともない

素晴らしいノウハウを提供してくれる

そんな存在が

コンサルタントだと思っていました。

 

 

が、違うんですよね。

 

 

今、中途半端に知っているだけ

さわりの部分を実行しているだけ

の部分を

しっかり深掘り進化させていく伴走者

であり、アドバイザー。

 

 

そう考えて

コンサルタントをフル活用すると

ぐんぐん業績が伸び始めました。

 

で、わかったんですよね。

 

 

 

売上(利益)を増やすための戦略に

ウルトラCなんてのはなくて

当たり前の事をちゃんとやり抜く。

これが一番だ。

って。

 

青い鳥症候群なんて

よく言われますがね

やっぱり、

凡事徹底が最強なワケですよ。

 

 

で、コレを第3者として

サポートするのがコンサルタント。

原理原則が最強。

ですね。やっぱり。

 

 

__________________

■ もっと詳しく知りたい方!動画でどうぞ ■

売上アップにウルトラCなどない。

__________________

 

<目指せ1,000時間!>
英語学習メーター

昨日の学習タイム:0H
※30分単位にて切り捨て

累計:70.5H

 

 


2019/02/09

コンサルティングのお仕事ビジネスモデル経営

コンサルティングのお仕事ビジネスモデル経営はこちらの記事もおすすめ!