日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2017.04.19  No.1003 ライターでお湯を沸かす。

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




【移動】
新大阪から広島。
再び大阪に戻り、ブラブラと。


【昨日の移動距離】693km

【2017年移動距離】50,824km




【糖質制限日記 17日目】


<朝食>
アーモンド10粒
6Pチーズ2片


<昼食>
野菜炒め
豆腐とワカメの味噌汁


<夕食>
刺身盛り合わせ
大あさりの塩焼き
ホタテの塩焼き
ホタルイカ沖漬け
カツオのたたき
焼酎水割り3杯


<その他>
寝る前にプロテイン
お水1リットル
麦茶1リットル



7時前、
新大阪のホテルを出発。

7時12分の「のぞみ」で広島へ。


寝過ごす恐怖に怯えながらも
(もちろん)爆睡。

不思議と広島の手前で
目が覚めるもんですね(笑)



そして、終日
広島の顧問先を訪問。



16時、
広島での予定を全て完了し、
再び大阪へ。


スタッフI君たちと、
歩いて1分のお寿司屋さんへ。

お寿司が食べられない分、
料理をバクバクいただきました。



そして恒例の
「大阪の夜は長い」



____________________

■<2> ライターでお湯を沸かす。
____________________



私は
「組織」や「人事」についての
専門家ではありませんので


あまりこのジャンルについて
アドバイスしたり深く語る事って
ないんですがね。


それでも必要に迫られれば



自ら経験した


創業からスタッフ20人までの軌跡
従業員ン百人の企業経営
アルバイトだけでまわす店舗経営

等々の中から


エッセンスを
お伝えする事もあります。




顧問契約をいただいて2年が経過する
とある企業さま。


変化の早い時代、
これまでの業界慣習を脱皮せねば
生き残る道はない!

という事で、
そのサポート役として私(弊社)を
お選びいただきました。



この企業様、
年商が二百ン十億。大所帯です。



これまでの業界慣習から脱却し、
再び飛躍する!

そのための道筋を立て、
実行プランに落とし込む。


ここまでは、
社長はじめ役員の皆様、
ご担当の本部長さまと

サクサクっと練り上げる事が
できます。



しかし、このあとです。




結構な大所帯の企業。
ココで働くスタッフの皆様が


これまでの慣習から脱却する

ようは、

思考回路の組み換えを行い
向かう足並みを揃えていく

という段階。




私も同規模の企業を経営し、
組織運営をしてきたので分かるのですが

ココからが勝負。



よし、今までとは向かう先を変え
皆でアッチに向かって進むぞ!

と旗を振るのですが


人間、そんなに簡単に
意識(これまでの慣習)を変える
事ってできません。



この段階ってのは


ライターの火で鍋の水を沸かす

作業にも似た状態。



ライターで鍋底を炙っても
なかなか温まりません。

1℃水温を上昇させるにも
結構な時間がかかります。



完全に方針が腑に落ちた
幹部スタッフが出現し

(=ライターの本数が増え)

熱量は増えるのですが、
それでもまだ鍋の水は冷たいまま。



しばらく炙り続けると

ようやく、鍋の水が少しだけ
ヌルくなってきます。



が、手に持ったライターは
すっかり熱くなってしまい、

その熱さのあまり、
手を放してしまいたくなります。



ライターを放す人が出てくると

せっかくヌルくなった水が、
また1℃2℃と温度を下げていく。。。



こんな事が必ず起こります。
はい、必ず。




この状況を打破するには


・鍋の中に煮えたぎったお湯を足し
 水温を上げる
(ヘッドハント、コンサルタント)

・ライターの本数を増やす
(徹底的な人材教育)

・ライターをバーナーに代える
(人事給与制度等の強制力)



等、様々なアプローチが有るのですが



これに加え、
私がおすすめしているのは


手が熱くならないライターを作る。
という事。



何時間も何十時間も
ずっと炙り続けられるライター。

これを作りましょう。



つまり、
経営トップや、事業責任者による
スタッフに向けた


継続的な意思伝達の仕組み。




まぁ、端的に言うならば

向かうべき方向性や
自らの意思、提言等を


事ある毎に発信していきましょう。
という事です。



だから私は経営者の方に

ブログやメルマガを書き続けてください。
と申し上げています。




手が熱くならないライター
消える事がないロウソク

これで継続的に鍋を熱するんです。



まだ始められていない方、
さぁ、今日から始めてみませんか?




<告知>



売上を作るだけでなく、
内向きにも効果絶大(実証済み)。


私がずっと実践し続けてきた
「情報発信」の仕組みとノウハウ。

是非、ご参考になれば幸いです。



■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


メルマガ1,000号記念!

あらゆるビジネスに相乗効果を生み出す
「情報発信」のすべて。


【日時】

<大阪> 2017年5月15日(月)
    13:00〜16:00(12:45開場)

<東京> 2017年5月24日(水)
    13:00〜16:00(12:45開場)


【場所】

<大阪> 新大阪駅付近
<東京> 品川駅付近

※お申込み受領後、改めてお送りさせて頂きます


【受講料】

メルマガ1,000号記念 特別価格

■ 10,800円(税込)


【詳細・お申込み】

http://ichienkatsuhiko.com/seminar/article/1762


■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□


会場でお会い出来ます事、
心から楽しみにしております!




____________________

■<3> 編集後記
____________________



先ほど、大阪事務所に出社。

溜まった書類をやっつけてから、
夕方の便で札幌に帰ります。


20℃の大阪から、
夜中雪予報の札幌へ。

んー、ヒートテック着るかどうか、、、
悩み中です(笑)

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県