Attractive adult bald man with beard in suit looking around old lighting fixture, video light

昨日は

約1年ぶりにプロフィール写真の撮影を

してまいりました。

 

カメラマンは

もうかれこれ10年くらいの

お付き合いになるハラダさん。

 

 

今回は、

3月と5月に出版する本がらみで

必要になるプロフィール写真の撮影。

スタジオ代わりに借りたお部屋で

14時から撮影スタート!

 

で、

終了したのが14時25分。

早っ!(笑)

 

 

打ち合わせからセッティング、

そして撮影を全部足して25分ですよ。

いやぁ、

これがプロの仕事だなぁって

思いましたね。改めて。

 

何に必要となる

何を目的とした写真なのか

これを瞬時に把握して

それに適した環境をパパっと作り

狙った効果を出せるような

写真を撮影していく。

 

その間、わずか25分。

 

この「流れるような過程」が

プロの技。

 

 

つまり、

成果物としての写真は当然の事、

それまでの過程を

いかにスムーズに短時間で仕上げられるか。

ここですよ。

 

 

素人の私だって

うーとかあーとか言いながら

照明やらをセットして

あーでもないこーでもない

言いながら何百枚も写真を撮って

最悪、禁じ手(?)の修正をすれば

 

ナイスなプロフィール写真

作れると思うんです(笑)

でも、完成までに何日かかるやら。。。

 

 

それを

わずか25分で完了させる。

 

 

つまりね、

プロフェッショナルってのは

時間:成果

ってのを、極大化できる人間だと

思うんですよね。

 

最短の時間投資で

最大の成果を出す人間。

それがプロフェッショナル。

 

改めて、

プロとしての矜持を

考え直す機会を頂きました。

いやぁ、有難うございました。

 

遅い仕事は誰でもできる。

です。

 

 

__________________

■ 今日の動画 ■

プロの仕事術。

__________________

 

 

<目指せ1,000時間!>
英語学習メーター

昨日の学習タイム:0H
※30分単位にて切り捨て

累計:71.5H

 

 


2019/03/01

コンサルティングのお仕事スキル仕事術

コンサルティングのお仕事スキル仕事術はこちらの記事もおすすめ!