A man with a poster agitates a group of people. Voters, the political process. Political movement, faction, party. Agitation, referendum, poll. Voting in a democratic election. Go against the system

本日、

Lect Lab Academy(LLA)の

第2期、5講めでした。

 

全6回で

「講師ビジネス」の

アタマからシッポまで学んで頂き

実践の仕組みを作り上げる

このLLA。

 

月に1回、5時間の講座と

月に1回、1時間の個別ZOOM

で、

ガリガリと「ビジネスモデル」

組み立てて行きます。

 

そう。

「話し方」とか「シナリオ作り」

なんてのはちょっとだけ。

「パワポの使い方」なんてのは

1分もありません(笑)

 

 

あくまで

講師としての「ビジネスモデル」作り。

ここが大事なんですよ。

 

 

上手に話す、笑いをとる

なんてのは枝葉末節の技術。

SNS等を使いこなして

自主開催セミナーに集客する

なんてのも、枝葉末節の技術。

 

モチロン、

最低限はマスターして頂きますが

んなもん、

後からどうにでもなるんですよ。

 

 

しつこいですが、

一番大切なのは「ビジネスモデル」です。

 

 

 

これ、

講師業だけじゃなくて

どんなビジネスでも同じ。

 

枝葉末節のスキルをいくら高めても

そのビジネスモデルがイケてないと

ビジネスは上手くまわりません。

絶対。

 

 

ビジネスモデルを

しっかりと構築してから

個々のスキルを磨いていく。

 

じゃないと、

明後日の方向に向かって

努力をし続ける。

なんて悲劇に見舞われるかも。です。

 

 

で、

イケてるビジネスモデルってのは

「1アクション・マルチリターン」

になってるかどうか。です。

 

 

例えば、私の場合。

 

 

講演会に呼ばれて登壇する。

この1アクションから

・講演料を頂戴できる
・メルマガの読者さんが増える
・YouTubeチャンネルの登録が増える

という第1段階の3リターンがあり

 

その3リターンから

・自主開催セミナーへの集客ができる
・自社商品の販売ができる

という第2段階のリターンが発生

 

さらにそこから

・コンサルティングの販売
・音源ファイルの生成
・各種講座の販売
・オンラインサロンの入会促進

等々

第3段階のリターン。

 

この動きの多くは、

一番最初の「講演会に登壇する」

というトコロから続くモノです。

 

 

という事で、

このビジネスモデルを作った後は

「講演会に登壇する」

というアクションを行い続ければ

 

シャンパンタワーの一番上から

シャンパンを注ぐがごとく

各ビジネスに派生していく。

 

というワケです。

 

 

シャンパングラスを1個置いて

シャンパン入れてちゃダメ。

(広がりのない単発ビジネス)

シャンパンタワー、作らなきゃ。

 

さぁ、

アナタのビジネスは

「1アクション・マルチリターン」

なってますかね?

 

 

一度、ご確認あれ!

 

 

あ、んでもって

5月からLect Lab Academy(LLA)

第3期をスタートします。

 

本講座の日程や

入門講座のスケジュール等を

更新しましたので

 

「講師ビジネス」の

ビジネスモデルをしっかり構築したい!

そうお考えのアナタ。

ぜひ、覗いてみて下さい。

 

Lect Lab Academy(LLA)

http://lect-lab.jp/lla

 

 

__________________

■ 今日の動画 ■

【特別ゲスト登場!】
PDCA日報で売上アップ!


__________________

 

 

<目指せ1,000時間!>
英語学習メーター

昨日の学習タイム:0H
※30分単位にて切り捨て

累計:71.5H

 

 


2019/03/09

ビジネスモデル経営講師のお仕事

ビジネスモデル経営講師のお仕事はこちらの記事もおすすめ!