目覚まし時計と人の手

どうもね、

根っからのワーカホリックらしくて

私。

 

お腹が減ったとか、

眠いとか、トイレ行きたいとか

生理現象の邪魔さえ入らなければ

いつまでだって

仕事してられる体質のようです。

 

「一人」で生きてたら

コレはコレでOKなんでしょうがね、

世の中、そうじゃないワケで。

 

世の中ってのは

家族や友人、取引先等の

「その他大勢の皆さん」との関わりで

構成されておりまして。

 

理解は出来てるんですがね。

どうも、自分の仕事に没頭してしまう

悪い癖がありましてね。私に。

バツイチになっちゃったのは

コレが(も)原因って事

わかってるんですよね(恥)

 

あ、

そんな話をしたいワケじゃなくて(爆)

 

 

 

プロジェクトを

期日通り進行させたい場合は

「他者の時間」ってのを

上手に拝借すれば良いですよ。

って事が言いたかったんです。

 

私のような人間って

すぐ(自分に都合の良い)リスケを

しちゃうんですよ。

 

 

例えば、

出版記念セミナーを全国で開催しよう!

って思いついても

 

あー、この日はマズイかな。とか

うー、この時間はダメかも。とか

言いながら

一向に決まらなかったり。

 

んで、仮で日程を決めたとしても

「いや、やっぱり変更しようかな」

なんて事やってるうちに

時間が経過してしまい、焦る。

 

こんな事態に陥ってしまいがち。

 

 

だから、スケジュールどおりに

プロジェクトを進めるために

「他人の時間」ってのを

よく使わせて頂くワケです。

 

 

ようは

このプロジェクトを

スケジュールどおりに進めるため

パートナーとのアポを入れてしまう。

みたいなやり方。

 

自分の中で完結するプロジェクトだと

簡単にリスケできちゃいますが

他者が絡むプロジェクトにしちゃえば

そう簡単にリスケできないワケです。

 

他人の時間を無駄にしちゃうワケですから。

 

 

まぁ、今回の

「出版記念セミナー」で言うなら

 

告知ページを作成頂く

パートナーさんとのアポを入れた。

 

出版記念セミナーをPR頂く

パートナーさんとのアポを入れた。

 

各地でご協力頂く方に

開催日の日程をお知らせした。

 

もう、

期日通りに動かざるを得ん。

そんな状況になりました。

 

このやり方。

かなりオススメですよ。

 

 

 

まぁ、プロジェクトに限らず

早起きが苦手な人が

早起きしたけりゃ

早朝に誰かとアポ入れればいいんですよ。

単純な話。

 

ね。

 

 

__________________

■ 今日の動画 ■

3,000万円の横領事件が発覚!
大ショックから学んだ大切な事。

__________________

 

 


2019/04/07

仕事術

仕事術はこちらの記事もおすすめ!