日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2016.05.10  No.660 プロジェクトが「絵に描いた餅」で終わる理由。

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




終日、札幌。


昨晩「あずきバー」をかじった瞬間
ポロリと取れた前歯。

なんとも説得力のない顔なので、
朝から歯医者さんへ。



「あずきバーですね(ニヤリ)」
と登場した先生。

あぁ、SNSって素晴らしい(笑)



前歯をしっかり入れてもらい、
帰り道にクリーニングを受け取って
いったん帰宅。



12時30分から1時間で
「メルマガその他諸々」の発信を済ませ、

グループコンサルティングの会場へ。



月に一度、札幌で主催する
「スマート経営クラブ」
の会員様向けグループコンサルティング。


いやぁ、皆さん結果出されてますねぇ。
素晴らしい。



3時間のグループコンサルティングを終え、
その後はミーティング(飲み会?)。

17時過ぎに入ったお店で、
5時間ほど飲んでおりました。。。



で、お決まりのように
ラーメン屋さんに寄って、

その後あろうことか
ミスドでドーナツを買い込んで帰宅。




____________________

■<2> プロジェクトが「絵に描いた餅」で終わる理由。
____________________




私が主宰する、札幌の経営者コミュニティ
「スマート経営クラブ」
の月例グループコンサルティング。


今回で第4回目の開催になりました。



まぁ、私も色んな講座を開催してますが、
この3回目、4回目あたりってのが

分岐点なんですよ。



なんの分岐点かといいますとね、
「皆さんの差が目に見えて出てくる」
分岐点。



そして悲しいかな
「諦めてしまう人が出てくる」
分岐点。



この「差が出る」ってのは
単純な理由です。

ズバリ

「ちゃんと取り組んだか否か」

もっと乱暴に言うなら

「やったかサボったか」

です。



サボるつもりでサボる。
なんて人はいないんですよ。

でも、
「日常」に流されてしまったり、
細かいトコロで躓いてしまったり。



だからね、
とにかく「やる」と決めて、
やるしか無いんです。



なんて精神論で終わっても仕方ないので
「やる」と決めたことをやるノウハウを
一つ。



それは、
「とにかく細分化!そして日付を!」



例えば、
昨日の参加企業さんで
「来月からニュースレターを発行する」

と決められた方がいらっしゃいました。



お、いいですねぇ。
じゃあ頑張ってください!

で終わっちゃうと、、、
停滞してしまう可能性が高い。



だから次に

ニュースレターを出すために
必要な作業を全て洗い出す

作業を行いました。



ネタ会議をする

から

配布する

まで。



10ほどの作業に分解します。
そして、それぞれの作業に締切を
入れていきます。



こうする事によって

「ニュースレターを発行する」

という漠然としたゴールではなく、



「会議でネタを5個出す」
「粗原稿を書いてみる」
「写真を探す」

等、

細かな「アクション」の羅列になります。

あとは、これを実行するだけ。
すると、1ヶ月後には

「ニュースレター」が発行できるんですよね。



ブログを始める

でも

セミナーを開催する

でも。



とにかく

「細分化して日付を入れる」

ってのを、是非お試し下さい。



で、実行出来なかったら、、、

おそらく、
キャパオーバー状態

ですので、、、


「やめること」
「優先順位」

を決めていきましょう。



(最後の数行は、自戒を込めて(笑))




____________________

■<3> 編集後記
____________________



さて、先ほど青森にやってきました。

長いゴールデンウィーク(?)を終え、
本日より再び

全国ドタバタツアーの再開です!

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県