日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2016.05.31  No.681 マインドを向上させる環境は「お金で買う」。

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________



大阪でコンサルティング。
その後、広島に移動。



正午、
新大阪のホテルをチェックアウト。

梅田に移動して、
コンサルティングを1件。

Fさん、是非
「人生で一番根を詰めた日々」
を過ごしましょう!



コンサルティング終了後、
そのまま新幹線に乗って広島へ。

翌日の顧問先訪問に備え、マエノリ。



数多の誘惑に心グラつきながらも
デスクワークを敢行。

そして寝落ち(笑)




____________________

■<2> マインドを向上させる環境は「お金で買う」。
____________________




様々な規模、様々な業種の皆様に
「コンサルティング」
というサービスをご提供しておりますが、



「売上に直結するノウハウ」

というよりは

「売上を作るマインド」

のお話しをさせて頂く事の方が多い。
そんな気がします。



(もちろん私も含め)人は



正午過ぎに昼食をとらねばならない
夜になる前に仕事を終えねばならない
休日はしっかりと休まなければならない

なんていう「時間」の自己基準



セミナー受講料は2時間5,000円程度
コーヒーは1杯500円前後
ホテルは1泊10,000円前後

なんていう「価格」の自己基準



これを無意識に自己形成していきます。



これら自己基準を形成するのは、
「生きている環境」なんですよね。



時にこの自己基準(マインド)が
ビジネスの飛躍にブレーキをかけます。

いや、時にというか、、、
「いつもいつも」です。



「いやぁ、自分にはちょっと、、、」

とか

「その価格じゃ売れないんじゃ、、、」

なんて思いが過る、
なんてのが象徴的な出来事。




これを乗り越えるためのお手伝い、
「売上を作るマインド」の形成。

「売上を作るノウハウ」よりも大切。




先にも述べましたが、
この自己基準(マインド)を形成するのは

「生きている環境」です。



という事は、
今の自己基準(マインド)を変えるためには

「生きている環境」
を変える必要があるワケです。



大前研一氏が

人間が変わるには

・時間配分を変える
・住む場所を変える
・付き合う人を変える

と仰っておられますが、まさに。



そして、大前氏は
「時間配分を変える」のが
一番効果的(とっつきやすい)とも
仰っています。



しかし、、、取っ付き易いですが、
自分を律するっての、難しいんです(笑)


「とはいえ、夜はちゃんと寝ないとね」
「とはいえ、休息は必要だもんね」

なんていう自己基準(マインド)が
邪魔しますから。



そこで私は
「付き合う人を変える」
事を皆さんにお勧めしています。



あ、アレですよ。
別に友達関係をやめろ!とか
言いたいワケじゃないですよ。



ビジネスをもっと成長させたい!
のであれば、

ビジネスを成長させている人が集う
コミュニティに属しましょう。



出版したい!
のであれば、

著者が集うコミュニティに属しましょう。



って、ただコレだけ。



「でも、、、まだ私には実績も無いし、
 そんなコミュニティには入れないです」


なんて思った方、
よーく聞いて下さい。



まだ実績が不十分な時、
自己基準(マインド)を書き換える

「環境」

はお金で買う。のです。



まぁ、私も最初は(今もですがw)
何にも無い人間でしたので



出版をしたい!と思って、
ベストセラーを目指す著者が集まる
「講座」に3桁万円を投じ、

そのコミュニティ(環境)に属してきました。



講師になりたい!と思って、
これまた3桁万円を投じ、講座に参加。

一流講師の集うコミュニティ(環境)に
身をおいてきました。



ビジネスを加速させたい!と思って、
またまた3桁万円を投じ、

自分のモデルとなるような方の
コンサルティングを受けてきました。



で、「環境」を変えることで、
少しは進歩してきたかな、と。



さぁ、

自身を成長させるために
自己基準(マインド)を書き換える。

そのための「環境」をお金で買う。



先ずは、そんな自己基準(マインド)を
持ってみませんか?




____________________

■<3> 編集後記
____________________



今日は久々に
朝からメルマガ執筆しております。

最近、夕方が多かったので
ちょっと新鮮。

さてと、今から身支度をして
広島の顧問先を訪問してまいります。

マインドの伝道師(?)として。

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県