日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2016.06.23  No.704 絶対に使ってはイケナイ接客用語とは。

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




札幌から旭川へ。
旭川で講演した後、再び札幌へ。



12時前、
札幌の自宅を出発。

札幌駅を12時ちょうど発の
「スーパーカムイ」に乗り込み、
一路旭川まで。



札幌から1時間30分ほどで旭川に到着。



駅前や旭川名物(?)「買い物公園」を
ぶらりと散歩した後、会場入り。



14時45分から16時まで、
75分間の講演。

今回はサッポロビール様主催の講演会。
ということで(?)

講演終了後は新商品の試飲という事で、
ビールをグビグビ。



いやぁ、講演終了の3分後には
キンキンに冷えたビールをグビグビ。

最高です(笑)



ちょっと酔っ払ったトコロで、
電車の時間。

ほろ酔いで札幌に戻るのでした。





____________________

■<2> 絶対に使ってはイケナイ接客用語とは。
____________________




昨日は
サッポロビール道北支社さま主催の
講演会に登壇させて頂きました。




という事で、
受講者の皆様は、主に旭川を中心とした
飲食店の皆様。

私も飲食店を経営しておりましたので、
得意な分野の1つです。




75分という限られた時間でしたので、

・今日からスグ使える
・客単価アップが狙える
・リピート率が上がる

手法をギュッと詰め込んでお伝え
させて頂きました。




その中でも昨日、講演終了後に

「今日からスグ使ってみます!」

と沢山の方に仰って頂いた事、
コレをご紹介しようかと。



それは、接客用語としての

「いらっしゃいませ」禁止令。




お客様が入ってこられたら、
ほぼ反射的に

「いらっしゃいませ」

ってセリフが出てきますよね。私達。




実はこの「いらっしゃいませ」ってのは
接客用語では無いんですよ。

接客ってのは、
お客様とのコミュニケーション。


そのコミュニケーションを経て、
お客様のニーズやその先を探る。

これが目的なんです。




で、この
「いらっしゃいませ」
ってのは、コミュニケーションがとれない。



だって、

「いらっしゃいませ」

と言われたお客様が、

「いらっしゃいました!」

って返事くれないじゃないですか。




「いらっしゃいませ」ってセリフは

双方向性がない、
つまり、コミュニケーションがとれない。



だから、
接客用語として「いらっしゃいませ」って
使っちゃダメですよ。

という事。



あ、アレですよ。
「いらっしゃいませ」を撤廃せよ!
と言っているワケじゃありません。



「号令」として
「いらっしゃいませ」を使うのはOKです。




例えば、
コンビニに入店した際、
「ピーンポーン」とか
「チャラララララーン」とか

音が鳴るじゃないですか。

アレと同じ。



あの音ってのは

「お客様が入店された事を把握してますよ」

というメッセージであり、

「はい、スタッフの皆さん!お客様が
 来られましたよ」

という号令です。



「いらっしゃいませ」ってのは
この「号令」に代わるものなんですよ。



じゃあ、接客としてのお声がけは
どうすれば良いの?



簡単です。
お客様の目を見て

「こんにちは」

というだけでOKです。



殆どの確率で、
「こんにちは」が返ってきますから。



その返ってきた
「こんにちは」の声色や様子で、

次の一手(セリフ)を考えれば良いのです。




「号令」としての「いらっしゃいませ」。
「接客」としての「こんにちは」。

しっかり使い分けてください。



接客の最初の一手。
売上を左右するほど大切ですからね。






____________________

■<3> 編集後記
____________________


いやぁ、この時期の北海道、最高です。

長袖シャツで丁度良いくらい。
汗なんて全くかきません。日中でも。

今晩は、テレビ塔の下で
ジンギスカン食べてきます♪

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県