日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2016.09.10  No.783 なんとも単純、お客様がアナタに飽きる理由。

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




京都から中央市(山梨県)、
講演会の後、甲府に宿泊。



朝9時前、
京都のホテルをチェックアウト。

9時18分、京都発の「のぞみ」で
名古屋まで35分。


名古屋にて10時発の
「ワイドビューしなの」に乗り換え、
塩尻まで約120分。


塩尻で「あずさ」に乗り換え、
甲府まで約60分。


甲府でJR身延線に乗り換え、
目的地の東花輪駅まで30分弱。



280分の電車旅を終え、
14時30分から120分の講演スタート。

ご参加頂きました皆様に
もっともっとリピーターを!!!



終了後は再び身延線で甲府に戻り
甲府駅前のホテルにチェックイン。



夜は、ディレクターとSkypeを繋ぎ、
遠隔でPodcastの収録を。



____________________

■<2> なんとも単純、お客様がアナタに飽きる理由。
____________________



昨日は、
京都のホテルを出発してから

東花輪までの280分電車旅の最中
(珍しく)一睡もせず


そして、
ホテルに着いてから寝るまでの間もずっと



ずっと、Kindleで漫画読んでました。



以前、
AmazonのKindleストアで
全巻まとめ買いして読んでいなかった

キングダム(Kindle全巻まとめ買い)
http://amzn.to/2c0vBAH

コレです。



現在の最新刊が43巻ですが、
昨日1日で16巻まで読破。

いやぁ、今こうしている間も
続きが読みたくて読みたくて
仕方ありません(笑)



でね、職業柄考えるワケですよ。

この
「次が気になって仕方ない感じ」
面白い感情だなぁ。

なんて。



なぜ、
続きが気になって仕方ないのか。


まぁ、理由は簡単で。

「そこ(手元)に続きがあるから」

なんですけどね。



手元(すぐ見られる場所)に
続きがある時、この

続きが気になって仕方ない感情
(=渇望感)

ってのが最強なんです。



手元に無いと、
この渇望感はどんどん薄れ、

やがて

「ま、いっか」

と闇の中。




も少し詳しくご説明しましょうか。



例えば、
何か連載モノが掲載されている

・月刊誌
・週刊誌
・手元に続きがある「キングダム」



どれも、1冊読み終わった後の
「あー、続きが気になる!」
って瞬間風速は同じくらいなんですよね。



でも、時間が経つと
その他の色々諸々に意識が奪われ、

渇望感は減退していきます。
ジワリジワリと。


で、
リピーター創出最大の敵


「ま、いいか」


という感情が頭をもたげてきます。



という事はですよ、
渇望感がゼロになってしまう前に、
次の回を提供した方が

離脱は減る(=リピーターが増える)。
という事です。



渇望感が強く残っている間に

次!
はい、次!
はい、次!

と連続したアプローチを施す。
これが重要なワケです。



という事で、
今日もせっせと日刊メルマガを
書き続けるのです。

(アナタの渇望感があるかどうかは
 別としてw)




____________________

■<3> 編集後記
____________________




ただいま羽田空港のラウンジです。

2泊の出張を終え、
今から札幌に帰ります。



今晩は私が大好きなイベント

モエレ沼芸術花火2016
http://www.moere.jp/

に出掛けてきます。



夜は気温が15℃くらいまで下がる模様。
現在30℃の東京。

半分か、、、
風邪気をつけよっと。

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県