日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2017.03.28  No.981 ハンバーガーが2,500円!?

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




【移動】
香港から大阪へ。


【昨日の移動距離】2,511km

【2017年移動距離】41,713km



正午、
尖沙咀のホテルをチェックアウト。


タクシーで空港へ。

相変わらず出国のイミグレは凄い人。



ヘトヘトで出国手続きを終え、
ビールとハンバーガーで一休み。



現地時間、15時20分発の便で帰国。
関西空港に到着したのが

日本時間で19時40分。
帰りは3時間ちょいか。早いな。



そのまま新大阪まで向かい、
(よせばいいのに)
打ち上げと称した飲み会を開催。


結局3時まで、、、



大阪の夜は長い。



____________________

■<2> ハンバーガーが2,500円!?
____________________




いやぁ、
やっぱり定期的に海外に出なきゃな。

なんて改めて思いましたね。



海外で知見を広げる
なんてのも大切ですが、

海外に出てこそ解る日本。
ってのが非常に重要だと思うわけです。



たとえば、物価。



香港の空港で

ハンバーガーを食べて
生ビールを1杯飲みました。

さて、おいくらでしょう?



正解は300HKD。



今日のHKDレートが14.25円ですから
実に¥4,275。

うひょー。



まぁ、
空港内のプレミアムが付いたとしても

ね。



KFC(ケンタッキー・フライド・チキン)等
ファストフード店は

日本と同価格程度でしたが、



パブ等に行くと

生ビール88HKD(¥1,254)程度。
ほうほう。

でも、コンビニやスーパーで
同量のビールを買うと20HKD(¥285)
こっちは日本より安い。



とにかく、

交通インフラ以外では
人的サービスが加わると
物価が(日本比で)跳ね上がります。



ちなみに
地下鉄(MTR)は1駅(最安値)で
4.5HKD(¥64)




そんな現状を目の当たりにすると

「やっぱり人が介在するサービスは
 適正価格をちゃんと貰わねば」

なんて決意を新たにするわけです。



どうも日本で商売してると

コストの中に
「適正な人件費」を含まない事が
多いような気がするので。



サービスって単語、
日本じゃ「タダ」とか「おまけ」って
意味に捉える事が多いですが


そうじゃない。



サービスってのは
人が人のために「適正な単価で」
何かを提供すること。



サービスを安売りしちゃ
イカンのです。絶対に。



ね。




____________________

■<3> 編集後記
____________________


香港から戻って
ビシっと通常モードに戻したハズが

やってしまいました、、、

面談のダブルブッキング。
Tさん、本当に申し訳ありませんでした。


気合いを入れ直します。

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県