日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2018.03.01  No.1319 1冊の本(出版)で幾ら稼げるの?

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




【移動】
終日、那覇。

【昨日の移動距離 0km

【2018年移動距離】32,387km



まぁ、見事に
ホテルの部屋から1歩も外にでない

そんな1日。


座り心地の良い椅子だったので
快適に1日中デスクワーク。

スパムおにぎりと
さんぴん茶をお供に。


ただ、、、

いくら座り心地が良いとはいえ、
1日ずっと座っていると、、、

腰が痛い。


寝る時、大変でした(笑)



____________________

■<2> 1冊の本(出版)で幾ら稼げるの?
____________________



沖縄滞在中、
とてもとても嬉しいニュースが
飛び込んでまいりました。


拙著

「0円で8割をリピーターにする集客術」
 (あさ出版)

増刷決定!

パチパチ。



えっと、何刷でしょうか?(笑)
覚えておりませんm(_ _)m



なにせ、

2010年発刊ですからね、、、、
世に出てから8年たってるワケで。


ぶっちゃけ、、、
内容もあまり覚えてなかったり
(嘘ですよ、嘘)



ともあれ

1日に200点ほどのビジネス書が
新刊で世に出ると言われている昨今


8年間(地味にではありますが)
売れ続けるってのは

ホントに嬉しいものです。



感無量。



もちろん、ファン読者さまが
飽きないように

ドンドン新作を出すことを
否定しているワケじゃありませんよ。


それはそれで、
ファン顧客作りの鉄板ですから。



しかーし、私は
(元来の面倒臭さもあって)

新刊を出し続けるよりも



この1冊で
どこまでいけるかやってみようじゃないか。

的な作戦。



作家として本を出すのではなく、
1冊の本でどれくらい
ビジネスができるのか。


下世話に言うなら

1冊本を出すと、
どれくらい稼げるのか(笑)


この壮大なる実験中なんです。



2010年に出版した拙著
「0円で8割をリピーターにする集客術」

以降、
講演のタイトルもコレに変更。


3月1日現在、
1,312本の講演会に登壇。

うち7割が同タイトル。
ってことで、918本。


ギャラが1本平均○○円として、、、



で、そこ(講演)から
研修やコンサルティングに繋がった
件数をザックリ数えてみると


研修91本
コンサルティング278本


その他、本の印税があったり
他の媒体への寄稿依頼が来たり
諸々あるとして



1冊の本を大切に売り続けると

8年で、、、

会社員の方の
生涯賃金くらいの売上。



すげーすげー。



ね。



本を1冊出すってことは、
これくらいの価値があるってことです。



ビジネス書著者の皆さん!
著者候補の皆さん!

ドカーンと数十万分狙うのもアリですが

こうやって大切に使って
しっかり戦略を練って動けば



これくらいの可能性があるって事です。



読者さまにコンテンツをお届けし
気付き等の何かのキッカケを
本から見つけて頂く。

これが大切ではありますが、



もっともっと戦略的に
「出版」を使う手立ても

考えてみられてはいかがでしょ?



なーんて思った次第。



1冊の本から
どうやって「講演」やら「研修」やら
「コンサルティング」やらを

獲得していくのか。



近々、そんな講座の開催を
予定しています。

お楽しみに!



というか、
「講演」「セミナー」「研修」等の
講師ビジネスを

ドカーンと跳ねさせたい方のために



こんな音源ファイルもありますよ。



ご興味お有りの方、ぜひ。
私が実際にやって来た事を

ぜーんぶお話ししております。



【講師ビジネス大全】
(ダウンロード音源:3時間16分)

https://ichien55.thebase.in/items/6215229




____________________

■<3> 編集後記
____________________


本日は、先ほどまで
【3×3×3経営戦略】実践実装セミナー
in大阪を開催しておりました。


中学生時代の同級生(整骨院経営)が
来てくれて

嬉しいやら恥ずかしいやら。
みんな頑張ってるなぁ。と

いい刺激をもらいました。


明日は東京会場。
皆さまとお会い出来ます事

楽しみにしております!

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県