日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2018.05.05  No.1384 「ド定番」と「旬」の役割。

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




【移動】
終日、札幌。


【昨日の移動距離 6km

【2018年移動距離】51,450km




日中は自宅でのんびり。

完全OFFにはせず、
メルマガ書いたり講座の仕込みをしたり
アイドリング状態。


夕方、
お刺身が食べたくなったので
いつもの「に条」へ。


和食と鮨のに条
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010102/1001730/


自宅から歩いて1分。
例のNOVAの裏というか隣。




春ならではの帆立や旬のお魚
そして焼酎。

んー、バンザイ。


コーヒーを買って帰宅し、
しばし休憩してから映画へ。

パティ・ケイク$
http://www.patticakes.jp/
(音がでます)



22時上演、
GWだからか、まぁまぁ混んでました。



24時過ぎ、缶ビールを買って帰宅。
まぁ、のんびりした1日。




____________________

■<2>「ド定番」と「旬」の役割。
____________________



私もいい年になってきたからでしょうか。

「旬」という言葉に
敏感に反応するようになってきました(笑)



という事で、

ここ数日の間に
「旬」のアスパラやら
「旬」の帆立やら

沢山食べております。



あ、今の時期の帆立って
貝柱のまわりに
(北海道で言うトコロの)

「コッコ(オレンジのやつ)」が
たっぷりあって美味しい♪



で、「旬」の料理を求めて
【いつものお店】に行くんですが

メインは

もつ鍋だったり、
お刺身だったりするわけですよ。


これにプラスして「旬」。



つまり、

【ド定番+旬】の組み合わせ。


この両輪で
お客様単価がぐっと上昇する。


なんて

まぁ、書いてしまえば
当たり前のような事なんですがね。

案外見落としがち。



飲食店はじめ
小売でもサービスでも

メーカーでも医療でも同じ。



【ド定番+旬】



利益がしっかり上がるのが
「ド定番」

お客様を逃がさない仕組みが
「旬」



これを意識して
商品開発や販促企画をすると

売上を狙って作る事が
できるようになってきます。



「旬」を継ぎ接ぎして
クルクルと回したがる経営者が
結構多いですが

利益を確保するのは「ド定番」です。



お客様から見ると
同じ事をずーっとやってる
って安心感があって

売り手からすると
経験値によるレベルアップや
コストダウン。


ココ。



さぁ、アナタも

「ド定番」と「旬」の両輪
上手に設計してみて下さいね!



「ド定番」商品設計や、
「旬」投入のタイミング

これらを効率よく回すには
少なくとも1年の販促企画を
予め立てておく事が必要になります。



そんな
「年間販促プラン」の立て方と
しっかりとPDCAサイクルを回す方法。


これが「目標達成の技術」です。

銀行頭取や大学教授からも
【お墨付き】を頂戴した
(インタビュー動画もあります)

このメソッド


ご興味おありの方、
ぜひこの機会に学ばれて下さい!




___________________

中司祉岐(なかづか よしき)× 一圓克彦

【目標設定】×【目標達成】の技術


■日時 5月16日(水)
   13:00〜16:00(12:45開場)

■会場 高輪倶楽部 8Fセミナールーム
   (東京都港区高輪3-25-22)
   ※品川駅より徒歩2分

■受講料 5,000円(税込)

■詳細&お申込みURL
http://nippo-st.com/blog/seminar/2018/04/2018516in.html

___________________



会場でお会い出来ます事、
心より楽しみにしております!






____________________

■<3> 編集後記
____________________



今更ながら
コンビニのコーヒーにハマりました。

机の上、カップだらけです(笑)

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県