日刊「カンドコロ」にご登録下さい。

2018.06.01  No.1412 幸せな気分になれる「もつ鍋」屋さん。

____________________

■<1> 昨日の一圓克彦。
____________________




【移動】
終日、福岡。


【昨日の移動距離 6km

【2018年移動距離】58,629m



午前中、いや、昼過ぎまで
ホテルの部屋でボケーッと。


15時30分より
クライアントと面談。

高知からわざわざ
福岡までやって来て頂きました(爆)



面談を終え、

「今日は金曜だから
 早めにご飯食べに行きましょ」

という事で


18時前に

もつ鍋 楽天地
http://rakutenti.com/

へ。


もつ鍋をたらふく食べて、

なぜか阪急に寄って
カバンを新調して(笑)

向かうは中洲。



昨日、講演会にご参加いただき
懇親会で意気投合した皆さんにも
合流していただき(笑)

2日連続。

中洲の夜は長い。




____________________

■<2> 幸せな気分になれる「もつ鍋」屋さん。
____________________



もつ鍋の激戦区、博多。

そんな中、
昨日は博多駅近くの

楽天地(http://rakutenti.com/
さんへ。



このあたりのもつ鍋屋さんは
片っ端から行きましたけどね

やっぱ、ここ。



メニューは

もつ鍋と、キムチ、酢もつ
これだけ。


昨日行った
博多駅新幹線口店さんは

階段で2階。



だけど、ここ。
ここが一番好き。



というのも、
働いてる人が全員楽しそう
なんですよ。


といっても


イェーイ!とかヒュー!とか
ハイタッチとか(笑)


無理やりハイテンションな
疎外感を感じる
仲間内だけの「楽しそう」

とは違って



んー、なんていうんでしょ。



どうせ仕事するなら
楽しくしたほうがいいよね。

という芯が1本あって


大人しそうな人も
真面目そうな人も働く店内で

皆さんそれぞれの性格にあった
「楽しそう」が伝わってくる感じ。



だから、
とにかく居心地が良いんです。



味は舌じゃなく
「脳」が決めますからね

脳が気持ち良いと
味レベルもぐぐぐっと上がって当然。



いやぁ、素晴らしい。



しかめっ面で値下げするより
笑顔で値上げですよ。

えぇ。



なんて事を思うとともに

仕事(労働)=苦役

だと思い込んじゃってる人が
あまりにも多い世の中。


ちょいと憂いております。



仕事は楽しむもんだぜ。

ってのを、
世の経営者に伝播させられるよう



私自身も
もっともっと仕事を楽しんで

その姿を見て頂けたらなぁ。
なんて。




____________________

■<3> 編集後記
____________________


さてと。

先程、沖縄(那覇)にやってきました。

特に何をするでもなく
ホテルの部屋でボケーッと本読んでます。

お腹へってきたので
そろそろお出かけしようかしら。

カテゴリ別バックナンバー

日刊「カンドコロ」

登録 解除
*メールアドレス
*都道府県