close up of male hand holding burning dollar money

昨日は、

夜19時過ぎの飛行機で

高知から大阪に戻る予定でしたが

 

急遽、予定を変更。

飛行機をキャンセルして

11時過ぎの電車で大阪に戻りました。

 

どうしても

やっつけなきゃならん用事が

急遽入ってしまったもので。

 

 

高知でどこか

カフェかなにかを探して

PCを開いても良かったんですが

大阪にダッシュで移動する事に。

 

当然、

飛行機は当日キャンセルですから

キャンセル料が発生します。

 

移動コストの面だけ考えると、

「モッタイナイから予定通り飛行機」

という選択が無難。

 

 

が、

飛行機で大阪に向かうと、

事務所に到着するのは21時前。

 

急遽予定を変更して

電車で新大阪に向かうと

事務所に到着するのは15時前。

 

その差6時間。

 

 

慣れない場所で

PCを開いて仕事を行うのと、

慣れた場所で

PCを開いて仕事を行うの。

 

(自分の体感では)

効率に1.5倍ほどの差がでる。

 

 

 

前日の痛飲で身体が重いので

今から電車で仮眠をとりながら

大阪まで移動して、シャキッとする

 

のと

 

身体が重いまま、

慣れない場所で作業を行う

 

 

こんな事をざっくり考えて、

「キャンセル料払ってでも

今、大阪に向かった方が得策」

と判断したワケです。

 

 

 

まぁ、

ややこしい事ダラダラ書きましたが(笑)

 

 

ようは

「払ってしまったお金」に

執着しちゃイカンですよ。

 

って事を(自己弁護を含め)

言いたかったワケです。

 

 

新たに入ってきた課題について

「成果や報酬の見積もり」

これをしっかり(厳し目に)おこない、

 

既払いのコストと比較し、

新たな課題の成果が優勢であれば

執着せずに手放す。

 

 

サンクコストなんて

言われますけどね。

 

 

ココまで投資したんだから、

今やめちゃったらモッタイナイ。

 

だから、もう少し

(気合いと根性と運頼みで)

頑張るんだ!

 

 

 

せっかく高いカネ出して買ったんだから

(いつか使うかもしれないし)

もう少し維持しておこう。

 

 

気を抜くと、やっちゃいますよ。

人間だれしも。

 

 

・成果の見積もり精度

・追加コストを受容する勇気

もっともっと

高めていきたいもんです。私も。

 

 


2017/10/16

経営自己啓発

経営自己啓発はこちらの記事もおすすめ!