thumb_IMG_7428_1024

新幹線で軽井沢まで向かい、

しなの鉄道に乗り換えて御代田へ。

昨日の旅程はこんな感じ。

 

ちょうど、

軽井沢に到着するのが正午過ぎだったので

軽井沢でお昼ごはんを食べる事に。

 

どこか無いかなぁ

なんて、駅前をぶらぶらしていまして、

(本当のトコロを言うと

カレーが食べたかったんですがね)

 

お蕎麦屋さんに入り、

きのこ蕎麦をいただきました。

 

 

軽井沢の駅前には

他にもお蕎麦屋さんが何軒かあったり、

洋食屋さんや定食屋さんも

チラホラ。

 

その中で、

私がこのお蕎麦屋さんを選んだ理由。

わかります?

 

 

正解は、、、

店内が見えたから。

以上!

 

 

このお蕎麦屋さんには、

通りに面した大きな窓がありましてね

店内がよく見えたんです。

 

他のお店は、、、

あまり店内が見えなかったんですよね。

 

カレー気分だったんですが、

店内が見えない洋食屋さん、、、

パスしちゃいましたから。

 

 

入って満席だったら嫌だな

常連さんばっかりで

盛り上がってたら嫌だな

 

なんて、

 

入った後の居心地が想像できないんです。

店内が見えないと。

 

だから

(私みたいな小心者は特にw)

店内の様子が見えないと

躊躇しちゃう。

 

 

私がセミナーでよく口にする

「自己投影」ってヤツです。

 

あの店に入って、

あの雰囲気の中で、

あの席に座って、、、

 

なんて、自己投影ができると

お店への敷居がグッと下がりますからね。

 

窓が無い場合は、

店内の写真などを外に貼っておく。

いくらでも「自己投影」の方法

ありますからね。

 

 

これはお店に限らず、

どんな商品でも同じ。

 

中身が見えないダンボールのパッケージ。

買うの躊躇しますよ。

 

中に入っている商品の

写真1枚があるだけで

売れ行きはガラリと変わります。

 

せっかく良いお店(商品)なのに、

間口が閉まっているから売れない。

これ、モッタイナイですよ。

 

 

 

【最後に告知】

飲食、福祉、製造、運輸、貿易、小売、

卸売、システム開発、Webデザイン、

講演、セミナー、コンサルティング

 

22年間、有形無形問わず

まぁ、色んなモノを売ってきました。

(いや、買っていただいてきました)

 

本文にもあった

「自己投影」ってのはもちろん、

 

買って頂くためには

買いたい!という心理のトリガーを

ガチッと弾いてあげる必要がありまして。

 

強引ではなく、

気がついていたら気持ちよく買っていた。

という感情の上で。

 

 

この構造が、

私の言う「ビジネスモデル」です。

 

今まで実際に経営してきた

(買っていただいてきた)具体的内容を

生生しくお伝えする

本セミナー。

 

 

理論やノウハウもいいですが、

やっぱり「生」のデータや経験知ですよ。

 

年商100億円の世界や

倒産危機の真っ只中。

未だ見ぬ世界の疑似体験として。

転ばぬ先の杖(反面教師)として。

 

ぜひ、お役立て下さい!

 

____________________

【ビジネスモデル大全2017】

自ら14社を経営し、

1,000億円を売り上げてきた一圓の<やり方>とは。

 

<大阪会場>

2017年10月18日(水)@新大阪 ※残席17

<東京会場>

2017年10月19日(木)@品川 ※残席12

時間はともに

13:30~16:30(13:15開場)

 

受講料:15,000円(税込)

※銀行振込にてお願い致します

 

定員:大阪・東京とも20名

 

■詳細・お申込み

http://ichienkatsuhiko.com/seminar/article/1840

 

____________________

 

 


2017/10/06

ビジネスモデル仕事術経営

ビジネスモデル仕事術経営はこちらの記事もおすすめ!