pixta_9976003_Sカレンダー

昨日の夕方、

自社2018年度のスケジュールを

チェックしておりまして。

 

ありがたい事に、

来年4月頃まで講演のお仕事が

入っております。

 

年内にいたっては

講演会やコンサルティングで

稼働日の半分が埋まっております。

 

9月と10月は

講演会やコンサルティングで

稼働日の8割が埋まっております。

 

 

どうだ!

 

なんて言いたいんじゃなく、

逆です、逆。

恐怖。

これは、、、やっちまってるな。と。

 

 

アレだけ

「緊急でないが重要な事」

時間を投じよ!時間を天引きせよ!

って言ってるのに、

 

講演やコンサルティングという

「緊急かつ重要な事」にばかり

時間を天引きしとるよ。

と。

 

イカンイカン。

 

 

でもまぁ、まだセーフの領域なので

今後は、しっかり意識しましょ。と。

 

 

 

で、今回

この事態に気付けたのは

スケジュールシートのおかげ。

 

私のスケジュールシートは

 

講演会やコンサルティング

(&上記に伴う移動行程)は

黒色のペン。

 

思考したり打ち合わせしたり

企画を練り上げる予定は

青色のペン。

 

なんて具合に

「色」を使い分けていまして。

 

 

 

だから

9月と10月のスケジュールシート

「真っ黒」なんですよね。。

これを見た瞬間

ギョッとしたワケです。

 

もっと「青」い予定を入れねば。

なんて。

 

 

 

こんな風に

予定(=時間)に色付けをする。

これ、オススメです。

 

 

昨日のメルマガで言うトコロの

値札のついた時間を黒で。

先の事業のために使う時間は青で。

で、バッファ的に空白の日を意図的に。

 

パッと見た時、

スケジュールシートの色合いや

バランスが確認できますからね。

 

 

時間への色付け。

オススメですよ。

 

 


2018/07/07

仕事術自己啓発

仕事術自己啓発はこちらの記事もおすすめ!